フロン再生処理

フロン回収作業

現在、業務用冷凍機や家電エアコン用冷媒に使われているフロン類(CFC、HCFC、HFC)が
オゾン層破壊や地球温暖化の原因のひとつとなり、世界的な問題となっています。

当社ではフロン回収および破壊作業に対する法律に基づき、フロン類破壊業者許可証やフロン回収登録を取得し
『地球温暖化防止、オゾン層を破壊しない』をモットーに適正な回収・破壊・再生を行っております。

●フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律

オゾン層の保護及び地球温暖化の防止のため、業務用冷凍空調機器及びカーエアコンを対象に機器の廃棄時フロンの回収等を義務付けた法律。

回収対象のフロン:CFC、HCFC、HFC(12・22・134a・混合冷媒などの冷媒フロン)

●フロン回収

空調機及び冷凍機からのフロン回収作業も承っております。
現場状況・回収機器台数等で見積が変わりますので詳しくはお問い合わせ下さい。

冷凍、空調機器からのフロン回収作業風景


また、洗浄用フロン類につきましては大阪府環境農林水産部産業廃棄物指導課より
下記の通りご指導いただいております。
『液状のフロンについては、産業廃棄物(廃油)に該当するので
他人の排出物としての液状フロンの処分を受託した際には、
従来の処分業許可の範囲で処分(蒸留再生)出来る。』

洗浄用に使用する『HCFC141B』『HCFC225』の2種類において
当社が所有する産業廃棄物中間処理業の許可証と冷凍機の設備により再生処理が可能です。
※フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律です。
 洗浄用フロンは適応外となり普通産廃(廃油)に該当します。

フロン回収届出地域

大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 滋賀県 兵庫県 岡山県 徳島県 愛知県

Copyright© 2015 Crean Center Co Ltd., All Rights Reserved.